[PR]

 第18回瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ(愛媛県今治市、広島県尾道市、日本ウオーキング協会、朝日新聞社主催)が5日に開幕する。中央会場の今治城吹揚公園(今治市)では、4日、前日受け付けがあり参加者らが続々と訪れた。

 大阪府吹田市から訪れた岡田豊和さん(70)は今治市出身で、小学校までを過ごした。4年連続の参加で今回は波方半島絶景コース、来島海峡大橋コースなど3日間とも歩く予定という。「親の墓参りも兼ねて参加している。しまなみの橋を歩くのはこれほど気持ちいいものはない」と話していた。

 3日間で計12コースがあり、出発30分後まで当日参加を受け付ける。参加費は大人2500円、高校生以下1千円。今治、尾道両市と愛媛県上島町在住の中学生以下は無料。詳細は大会ホームページ(http://www.shimanami3dm.jp/別ウインドウで開きます)で。大会の開催や中止は7日正午まで24時間対応のダイヤル案内(0180・99・3330)で確認できる。問い合わせは中央会場の大会本部(0898・52・7240)へ。(柳川迅)