[PR]

 飯舘村のかぼちゃの新品種「いいたて雪っ娘かぼちゃ」が収穫時期を迎えている。原発事故後も避難先で栽培を続けてきた「いいたて雪っ娘かぼちゃプロジェクト協議会」のメンバーは4日、栽培地の一つの福島市松川町の畑で、販売するイオンの従業員と収穫作業に汗を流した。

 このかぼちゃは、村出身で元農業高校教師の菅野元一さんが30年余の品種改良を重ねて開発。皮が薄くて白っぽく、しっとりして甘みが強い特徴がある。

 品種登録されたのは東日本大震災の発生4日後。全村避難のため村内での栽培ができなくなったが、同協議会のメンバーが種を受け継ぎ、震災の数カ月後、避難先の福島市で借りた農地で栽培を再開した。

 渡辺とみ子会長(64)は「原…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら