[PR]

 2018年度上半期(4~9月)の新車販売で、ホンダの軽自動車「N―BOX(エヌボックス)」が首位になった。上位10車種のうち、7車種が軽自動車だった。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した。

 N―BOXは昨年9月に全面改良され、誤発進防止の安全機能などが人気を集めている。販売台数は、前年同期比23・8%増の11万7100台。2位になったスズキの軽自動車「スペーシア」に4万3494台の差をつけた。

18年度上半期の新車販売ランキング

 車名(メーカー)    台数

①N―BOX(ホンダ)軽 11万7100(23.8)

②スペーシア(スズキ)軽  7万3606(52.1)

③ノート(日産)★     6万3303(▼7.5)

④タント(ダイハツ)軽   6万3273(▼3.0)

⑤デイズ(日産)軽     6万3177(▼6.1)

⑥アクア(トヨタ)HV   6万2220(▼0.5)

⑦ムーヴ(ダイハツ)軽   6万1141(▼8.8)

⑧プリウス(トヨタ)HV  5万4388(▼30.9)

⑨ミラ(ダイハツ)軽    5万2992(▼4.5)

⑩ワゴンR(スズキ)軽   5万0625(▼14.2)

〈注〉HVはハイブリッド車(プラグインハイブリッド車含む)。★はHVも設定あり。軽は軽自動車。台数のかっこ内は前年同期比増減率%。▼はマイナス