【動画】83年の歴史に幕 築地市場、紆余曲折を経て移転=諫山卓弥、瀬戸口翼撮影
[PR]

 築地市場の移転とともに、魚河岸を去る人たちもいる。

 「築地がなくなるなんて、実感がわかないね」

 築地市場内のマグロ専門仲卸「佐駒商店」の佐藤康夫さん(56)は6日、店にあったすべてのマグロの切り身を店頭に並べた。豊洲に移らず、この日で閉店する。「長い間、ありがとうございました」と言って客を見送った。「お世話になったお客さんに会うと、閉めるのが悪いと思うね」と漏らした。

創業100年近くの老舗

 佐駒は、祖父が福島から上京して始めた店だ。魚河岸がまだ東京・日本橋にあった1910年ごろに創業。23年の関東大震災で市場も自宅も被災した。その後、魚河岸とともに店は築地に移り、営業を続けてきた。店を継いだ父親はがんを患い、佐藤さんが12歳の時、築地市場の目の前にある現在の国立がん研究センターで息を引き取った。

 店は祖父や母親が支え続け、佐…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら