写真・図版 

[PR]

 サラダチキンやスナック菓子、納豆、もずく……。最近、思いがけない食品に「乳酸菌」が入っています。使われているのは加熱処理して死んでいる「死菌」です。生きた菌(生菌)と死菌とでは、健康への効果にどのような違いがあるのでしょうか。

 従来、健康に良いと期待できる菌と言えば、「生きて腸まで届く」ことをうたい文句にした、ヨーグルト製品に入った乳酸菌やビフィズス菌を思い浮かべた。

 微生物に詳しい東京工業大生命理工学院の山本直之教授によると、ヨーグルト製品などに使われている乳酸菌やビフィズス菌が生きたまま腸内に到達すると、腸内の栄養素や食物繊維などを分解し、乳酸や酢酸を産生する。乳酸や酢酸には腸の粘膜の機能を高めたり、有害菌を排除する働きがある。また、乳酸や酢酸で腸内が酸性化すると、腸壁が刺激されて蠕動(ぜんどう)運動が活発になり、便通がよくなると考えられている。

 一方、食品が大腸に到達する前…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら