[PR]

 カプコン(大阪市)は4日、同社の代表的なゲームのキャラクター「ロックマン」が、米ハリウッドで実写映画化されることが決まったと発表した。20世紀フォックスが配給するが、公開時期は未定だという。

 仮題はロックマンの英語名である「MEGA MAN」。監督と脚本は、ホラー映画「パラノーマル・アクティビティ」シリーズを手がけたアリエル・シュルマン氏とヘンリー・ジュースト氏が務める。プロデューサーは、米人気ドラマ「HEROES」に出演して人気を博したマシ・オカ氏。「猿の惑星」シリーズを手がけた企業が制作する。内容は固まっていないが、「ロックマンの世界観を踏襲した上で、ハリウッド作品としての壮大な演出で幅広い世代が楽しめる作品を目指す」という。

 ロックマンは1987年に第一作が発売されたアクションゲームシリーズで、累計販売本数は3200万本。4日には、ニンテンドースイッチなど向けの最新作「ロックマン11 運命の歯車!!」が発売された。

 同社のゲームではこれまで、「バイオハザード」と「ストリートファイター」がハリウッド映画化されている。(中村光)