[PR]

 オーダーメイドの紳士服をめぐる競争が、激しくなっている。きっかけは、ネット通販ゾゾの今夏の参入だ。しにせはリアル店舗の強みを生かして、対抗しようとしている。

 「完全オーダーメイドのスーツを家で注文できる。いかがですか」。7月、前沢友作社長が新サービスを発表すると、会場から拍手が起きた。

 無料で配るボディースーツで採寸し、ぴったりの一着を作る。生地やボタン、裏地の色なども選べる。製造から販売まで手掛ける自主企画ブランド(PB)のフルオーダースーツを、ワイシャツとセットで販売。価格は税込み2万4800円だ。

 「ゾゾの参入で市場は厳しくなっているが、オーダーメイドへの世間の関心は高まった。一緒に盛り上げ、新たなお客を獲得していきたい」

 AOKIホールディングスの青木彰宏社長は4日、新戦略の発表会で力を込めた。

 AOKIのオーダーメイドでは、全国全570のリアル店舗でスタイリストがコーディネートを助言する。16種類の型をベースに好みの生地やボタンなどを選んでもらう。仕上がりまで3週間ほどかかるが、着た時のイメージはiPadで事前に確認できる。一度、店で採寸した人なら自宅から注文を受け付けるサービスも、来年1月から実施予定だ。

 販売価格は1着税抜き3万8千円からで、2着買うと4万8千円から。基本型が決まったパターンオーダーを採用することで、20~30歳代に手の届きやすい価格にした。

 矢野経済研究所などによると、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。