[PR]

 佐賀県太良町産のミカンが日本の無人補給船「こうのとり」に載せられ、9月28日に国際宇宙ステーションの宇宙飛行士に届いたと4日、発表があった。

 佐賀県などによると、「生食可」「常温で4週間以上の保存可」などを基準に選ばれた。県産の生鮮食品がこうのとりで運ばれるのは2回目という。

 北海道のタマネギなど5道県の産品が送られた中で、九州では佐賀県産のみ。県は「品質などを知ってもらえたら」と宇宙を通じた知名度アップを期待。