[PR]

(4日、ヤクルト2―1阪神)

 空席が目立った甲子園で、阪神がクライマックスシリーズ(CS)への道を断たれた。本拠では1分けを挟み7連敗。7試合を残し、寂しい終幕となった。金本監督は「受け止めます」と、静かに語った。

 ホーム球場で打てず、勝てない。今季を象徴するような試合だった。同点の九回、ドリスが奥村に右翼ポール際に放り込まれた。

 甲子園では19勝37敗2分け…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも