【動画】宿毛市立咸陽小学校の前庭に飛んできたアサギマダラ=笠原雅俊撮影
[PR]

 子供たちに学校を大好きになってもらおうと、宿毛市立咸陽(かんよう)小学校の校長先生が工夫を凝らしている。「お遍路」「オリンピック」「アサギマダラ」がキーワードだ。

 市内に四国霊場39番札所の延光寺があり、小学校の近くには松尾峠(標高約300メートル)につながる遍路道がある。急な坂道を歩くお遍路さんを応援しようと4年生37人が9月から、「へんろみちしるべ札」という木の札を作っている。17日には道沿いに札を立てる。

 札にはイラストとともに「がんばれ」「無理しないで」という応援メッセージを書いた。最近は、外国人の遍路も増えたため裏面には英語も添えた。4年生の二宮花久実さん(10)は「一生懸命歩くお遍路さん、頑張れという気持ちで描きました。英語は難しかった」とほほ笑む。

 発案したのは校長の鎌田勇人さ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら