[PR]

 大型で強い台風25号は東シナ海を北上し、5日午前、大分県や宮崎県で大雨になっている。6日には強い勢力のまま九州北部地方に接近する見通しで、気象庁は強い雨や風への警戒を呼びかけている。

 台風は5日午前10時時点で、久米島の北北西約230キロを時速25キロで北に進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。

 5日未明には大分県佐伯市で1時間に48・5ミリ、宮崎県西米良村で同47・5ミリの激しい雨を観測。那覇市では午前0時55分に最大瞬間風速36メートルを観測した。

 6日正午までに予想される24時間雨量は、多いところで九州南部、北部地方で200ミリとなっている。