[PR]

 ホールやジャズクラブ、街角でのライブにプロもアマチュアも参加する音楽イベント「横濱ジャズプロムナード」(ジャズプロ)が6日、横浜市内で始まった。好天に恵まれ、多くの人が演奏や歌に聴き入った。7日まで。

 商業施設「横浜ワールドポーターズ」前の運河パーク会場ではこの日、6組が演奏した。ジャズ愛好家のほか、買い物途中で足を止めた親子連れらが心地よさそうに演奏を楽しんでいた。妻とデート中だった横浜市神奈川区の無職坂部武さん(82)は「ジャズは音楽そのもの。楽しいね」と話した。

 ジャズプロは1993年に始まり、市民ボランティアが運営を担ってきた。今年、25周年を迎えた。この音楽イベントを「みんながいろんな形で参加出来るものに」と立案したのが、昨年12月に78歳で亡くなった鶴岡博さんだった。横浜市中区でジャズクラブ「Bar Bar Bar」を開いたジャズ好きで、横浜スタジアム社長なども務めた。

 横浜・若葉町育ち。幼い頃、自…

この記事は有料会員記事です。残り1032文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1032文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1032文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース