[PR]

 ノーベル医学生理学賞に本庶佑(ほんじょたすく)京都大特別教授が決まり、その研究をもとに開発されたオプジーボなどの免疫チェックポイント阻害剤に注目が集まる中、全国のがん患者団体でつくる「全国がん患者団体連合会」は5日、これらを含む免疫療法への注意を呼びかける声明を出した。

 声明は免疫チェックポイント阻害剤について、「現状で効果の期待できるがんの種類が限られ、特有の副作用もある」と指摘。一方、科学的根拠が明らかでない免疫療法の情報も広がりつつあり、「一部クリニックで、有効性や安全性を担保できない危険な治療が行われている」とした。

 患者や家族に、不確かな情報に惑わされないよう、主治医らに相談する▽自費診療で行っている免疫療法の情報や、がんが消える、治ったなどの安易な情報に注意▽デメリットについても十分な情報を集める――などを求めている。

 がんの薬物療法に詳しい日本医大武蔵小杉病院の勝俣範之教授(腫瘍〈しゅよう〉内科)は「オプジーボも万能ではなく副作用への注意が必要。チーム医療で対応しなければならない。治療を焦らず冷静に判断できるよう、まずは主治医と話し合ってほしい」と話す。

 声明の全文は、同会のサイト(http://zenganren.jp/別ウインドウで開きます)から閲覧できる。(土肥修一、月舘彩子)