[PR]

 25日に東京都内で開かれるプロ野球のドラフト(新人選択)会議を前に、中日は今夏の甲子園で3本塁打を放ち、投手としても活躍した大阪桐蔭高の根尾昂内野手を1位指名することを決めた。5日に中日の森監督が遠征先の甲子園で「ウチに一番必要な選手だ。頭(1位)でいく」と明言した。

 森監督は「内野も外野も投手もでき、打撃もいいものを持っている。体も丈夫だ」と高く評価。根尾が岐阜県出身ということもあり、「地元に近い中日に入って、一花も二花も咲かせて欲しい」とラブコールを送った。

 西山球団代表は「(1位指名は)今夏の甲子園あたりで決めた。根尾君からプロ志望届が出されたら(中日としての)意思表明をしようと思っていた。ドラゴンズに力を貸してもらいたい」と話した。

こんなニュースも