[PR]

 皮膚の病気「乾癬(かんせん)」について知ってもらおうというイベントが5日から、東京ミッドタウン(東京都港区)で開かれている。初日は、昨年、乾癬であることを公表したモデルの道端アンジェリカさん(32)が登壇。「病気のことを知ってもらえると、患者さんも日常が過ごしやすくなる」と呼びかけた。

 乾癬は、皮膚が赤くなり、後に白いかさぶたのようになってはがれ落ちる。ストレスなどが引き金になり発症するとされる自己免疫疾患の病気。他人にうつることはないが、響きから「感染」を連想させ、うつると誤解されることもある。若い女性の発症も多く、他人からどう見られているかを気にして、精神的負担も大きい。国内に数十万人の患者がいるとされる。

 道端さんは6年ほど前に肌の異常を感じ、2年ほど前に全身に乾癬の症状が広がった。トークコーナーでは、モデルという職業柄、赤くなった肌を見せたくないと、思い悩んだことなどを振り返った。公表後、多くの励ましのメッセージが寄せられた。「一人じゃないと思えたし、誰かに相談して前向きな心で向き合っていった方がよくなると思う」と語った。

 トークには、乾癬に詳しいNT…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら