【動画】女性がプロデュースする女性だけの舞台、山形県庄内町で上演へ=鵜沼照都撮影
[PR]

 山形県庄内町在住の女性舞踊家がプロデュースした舞台「水鞠(みずまり)」が19、20日、町文化創造館・響ホールで上演される。舞台に立つのは、フラダンス講師に琴の師匠、フリーアナウンサー、会社員兼シンガー・ソングライターなど、別々の分野で活動している庄内地域の20~70代の女性たちだ。

 「水鞠」は、生命誕生の奇跡と命や水の循環がテーマ。演劇にダンス、琴や笛、和太鼓が混じり合う。和菓子職人見習いで舞踊家の佐藤あゆ子さん(33)が企画した。

 酒田市出身の佐藤さんは米国の大学で人類学を専攻し、卒業後は現地でパフォーミングアーツ(肉体を使った芸術表現)や食育に関わってきた。米国は「全員が違って当たり前」。その中で「自分って何?」と考えるようになったという。

 2010年12月に一時的に帰…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら