[PR]

 性暴力を受けた女性の救済に尽力するなどし、ノーベル平和賞の受賞が決まったナディア・ムラド・バセ・タハさん(25)。だが、活動に取り組んできた地域では、女性の拉致などが絶えないのが現状だ。被害根絶への道のりはまだ遠い。

「世界中の性暴力に遭った人たちと共有」

 イラクの少数派ヤジディ教徒のナディア・ムラドさんは、自身が過激派組織「イスラム国」(IS)から受けた性暴力を国際社会に告発してきた。5日、ロイター通信に「この賞をヤジディ教徒や全てのイラク人、少数派、世界中の性暴力に遭った人たちと共有する」との声明を出した。

 イラク北部の避難民キャンプに住む兄のフズニさん(37)も5日、朝日新聞の取材に、「すべてのヤジディ教徒とイラクにとっての誇りだ。妹の受賞で、国際社会のより多くの関心が集まるだろう」と話した。

 ムラドさんは2016年9月、国連本部での演説で、各国代表にこう問いかけた。「首の切断、性奴隷、子どもへのレイプ。これらの行為に突き動かされないのであれば、いつ行動するのですか? 私たちにも生きる価値がある」

 ISによるヤジディ教徒への迫…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら