[PR]

 6日午前0時ごろ、大阪市平野区長吉六反4丁目で火災があり、西岡正晴さん(36)方の木造3階建て住宅延べ約110平方メートルのうち2階と3階部分延べ約70平方メートルが焼けた。大阪府警によると、現場で女性1人と男児1人の死亡が確認された。

 平野署は、亡くなったのは西岡さんの妻(35)と長男(10)とみている。西岡さんは5人家族で、西岡さんと長女(11)、次男(8)の3人はいずれも重傷を負った。

 住宅の2階付近の焼け方が激しいといい、同署は2人の死因や出火原因について調べている。現場は大阪メトロ長原駅から北東約1・2キロの住宅密集地。

 西岡さん宅の近くに住む男子中学生は「ボン」という爆発音を聞いて窓の外を見たところ、西岡さん宅の2階から火が出ていたという。「一気に燃え上がり火が迫ってきたので、家族で急いで外に逃げた。こわかった」と話した。

 西岡さんの家族は「明るくて仲がよく、男の子2人はサッカーを習っていて元気いっぱい」といい、家の前の道路でよく一緒にサッカーをして遊んだという。「とにかく無事でいてほしい」