[PR]

 インドネシア・スラウェシ島中部で起きたマグニチュード7・5の地震で、震源から約50~80キロ南に広がるパル湾で局所的な津波が相次いで発生した可能性が高いことがわかった。現地調査した東北大の今村文彦教授(津波工学)が朝日新聞の取材に語った。震源付近で発生する一般的な津波に比べ予測が難しく、被害が拡大した可能性がある。

 今村教授は5日、幅5~7キロ、長さ約30キロの細長い湾の最奥部にあるパルの海岸沿いを調査した。パルは最も被害が大きかったが、津波による建物の損壊がひどい場所とそうでない場所が約100~200メートルの間隔で存在していることを確認した。広い範囲にほぼ均等に到達する一般的な津波による被害とは異なるという。

 今回の地震は断層面を境に水平…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら