[PR]

 2週連続の台風襲来は、長引く停電や電話の不通、けが人が出るなど沖縄県内各地で多くの爪痕を残した。台風25号の暴風雨から一夜明けた5日、各地での被害状況が明らかになる中、県内スーパーやコンビニでは商品が不足し、農水産業での被害も約2億円に上った。沖縄市では道路などの冠水が確認されたほか、南風原町や浦添市では土砂崩れも発生した。空や海の便の欠航も相次ぎ、県民生活への影響が続いた。

10人が負傷

 台風25号の影響で、県内では4~5日午後5時までに少なくとも10人が負傷した。那覇市内では5日午後0時45分ごろ、70代の女性が風にあおられ転倒。72歳男性も強風で転倒し、負傷した。浦添市内では5日午前6時10分ごろ、70代女性が転倒し、右腕を打撲した。

 沖縄市登川では、排水路が壊れ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら