【動画】「吉田くんの詩」を歌う吉田正信さん=山田佳奈撮影
[PR]

 「ときどきくるしいこともあるけれど この持ち前の勇気でふきとばして生きよう 僕は愛媛のよしだくん」。朝、ラジオから流れるある曲が、西日本豪雨で被災した愛媛県の人たちを励ましている。

 午前7時台、南海放送(松山市)のラジオ番組・モーニングディライトで「吉田くんの詩(うた)」という軽快な歌が流れる。8月末以降、月~木曜は連日、この曲とともに被災地にまつわる情報を伝えている。10月上旬は、県内の高校生が修学旅行先の東京で募金を呼びかけたことや、観光を盛り上げるバスの運行といった話題を紹介した。

 曲は約25年前、滋賀県守山市の吉田正信(しょうしん)さん(62)が、愛媛県の旧吉田町(現宇和島市吉田町)を思って作詞・作曲した。当時、僧侶で中学校の音楽教師。職場の人間関係や部活指導の重圧からパニック障害を発症し、休職していた。

 ある時、自分と同じ名の町の様…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら