[PR]

 茨城県土浦市の桜川河川敷で6日にあった「土浦全国花火競技大会」で午後6時40分ごろ、打ち上げた花火の一部が観客のいる土手に落ちた。同市などでつくる実行委員会によると、風で流されたのが原因とみられ、9~66歳の男女10人がやけどや擦り傷の軽傷を負った。事故を受け、大会は中止された。今年は約75万人が見物に訪れていた。