[PR]

 サウジアラビア政府を批判してきた同国の著名なジャーナリストが、トルコ・イスタンブールのサウジ総領事館に入った後に行方不明になっている問題で、ロイター通信は6日、ジャーナリストは館内で殺害されたとするトルコ当局の見方を報じた。両国の言い分は対立しており、中東の地域大国同士の外交問題に発展する可能性がある。

 サウジ国籍のジャマル・カショギ氏は2日、結婚手続きのために総領事館に入った後、行方不明になっている。ロイター通信によると、トルコ当局はカショギ氏が殺され、遺体が総領事館の外に運び出されたとみている。当局者の一人は同通信に「殺害は前もって計画されたものだと考えている」と語ったという。

 AFP通信によると、2日には政府関係者を含む約15人のサウジ人がイスタンブールに到着。カショギ氏が総領事館にいる間に館内にいたという。トルコ当局は、この一団がカショギ氏を殺害したとの見方を強めているという。

 カショギ氏の行方をめぐっては、トルコ側が3日に「総領事館の中にいる」と主張したのに対し、サウジ側は「総領事館を出た後に行方不明になった」と反論していた。サウジのムハンマド皇太子はメディアの取材に、「トルコ政府が建物に入り、捜索することを受け入れる。何も隠すことはない」と述べていた。カショギ氏は米国を拠点にワシントン・ポスト紙などに寄稿し、ムハンマド皇太子が主導する改革などを批判してきた。(イスタンブール=其山史晃)