[PR]

 カレーとラーメン、どっちが好み?高知市のJR高知駅前にある「こうち旅広場」で6、7の両日、「カレー&ラーメンフェスタ」が開かれた。県内で話題の店舗が並び、来場客らは料理に舌鼓を打っていた。

 2014年から始まり、今年で5回目。カレーとラーメンそれぞれ5店舗ずつが出店して売上数を競う。過去4回はすべてラーメン陣営が制した。

 今年はカレー陣営に「助っ人」が登場。高知情報ビジネス&フード専門学校の生徒らが販売した「明治150年維新カレー」は、明治時代のレシピをイメージして、鶏肉やなすなどの具だくさんのカレーを麦ごはんにあわせた。

 勝負は2日間の合計でカレーが13杯上回って初勝利。高知市の山本陸さん(10)は「断然カレー派。黒毛和牛が入っていて、いつものよりおいしかった」。ラーメンを選んだ須崎市の植田莉愛さん(8)は「ゆずの味でさっぱりしておいしかった。つるつるっと食べられるからラーメンが好き」と話していた。(加藤秀彬)