[PR]

 7日午前10時55分ごろ、福井県敦賀市曽々木の北陸自動車道下り線で、家族5人が乗った乗用車が道路左側のガードレールに衝突した。車はガードレールを突き破り、道路脇ののり面に転落した。

 福井県警高速隊によると、運転していた愛知県一宮市木曽川町の大内恭介さん(40)が外傷性出血性ショックのため約4時間後に死亡が確認された。同乗していた大内さんの妻(40)、長男(13)、次男(11)、長女(10)がけがをしているが、命に別条はないという。

 高速隊によると、現場は片側2車線の緩やかな右カーブ。車はのり面を約15メートル下まで滑り落ちて、停止したという。