[PR]

 中学受験に向けた準備の低年齢化が加速している。大手塾「四谷大塚」は11月から、小学校に入学する前の「年長」の幼児を対象にした模試を始め、小学校低学年から受験を目指す塾に通う子どもも増えている。背景には、大学入試改革などを考慮し、中学受験を重視する保護者の考えもある。(平岡妙子)

四谷大塚

 四谷大塚が主催する「全国統一小学生テスト」は今年から初めて、小学校に入学前の「年長」の幼児も参加できる。11月3日、全都道府県約2500会場で無料で実施する。

 年長も対象になるのは、保護者からの要望を受けてのことという。同塾は現在、小1から通える「リトルスクール」を首都圏の27校舎に設けており、2013年9月からは「新1年生入学準備講座」も開始している。そんななか、模試に年長を加えて欲しいという声が出てきた。いまのところ、申し込みは首都圏を中心に約3千人あるという。

 小学校受験をする家庭は以前か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら