大阪)台風21号で被害の朝鮮学校 補修の公的支援なく

有料会員記事

下地毅
[PR]

 台風21号から1カ月が過ぎてなお、城北朝鮮初級学校(大阪市旭区)の児童らは日々の授業で不自由を強いられている。強風によって校舎の屋根が吹き飛ばされたため、一時は別の学校に通うしかなかった。補修のための公的支援はなく、自分たちで寄付を集めるしかない。

老朽化 公的支援なく

 校長の高暢佑(コウチャンウ)さん(54)は9月4日午後、校内に散らばる窓ガラスの破片を片付けながら、涙をこらえた。「すべての誇りが奪われた感覚、と言うのでしょうか」。強風がくる前に自宅に送りとどけた児童65人にけががなかったことだけが慰めだった。

 最も深刻な被害は、2階建て…

この記事は有料会員記事です。残り800文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら