[PR]

 千葉県九十九里町の漁港で8日午後5時15分ごろ、人の足が浮いているのを釣りをしていた男性が見つけ、110番通報した。県警によると、足首から先はなく、腐敗が進み、左右どちらか分からないという。周辺の海岸などで、切断された女性の胴体や頭部などが相次いで見つかっており、県警が関連を調べている。

 県警によると、9月29日に同県大網白里市の堀川河口で人の胴体が見つかった後、今月2日に九十九里町の海岸で頭部が、同県白子町の海岸で右足がそれぞれ見つかった。DNA型が一致し、同一女性の遺体と確認された。いずれも刃物のようなもので切断された痕があった。身元を特定するものは見つかっておらず、県警は死体損壊・遺棄事件として捜査している。

 東金署の特別捜査班は、遺体の女性を50~70代で、身長150センチほどと推定している。短い白髪で、首の左側の付け根部分に大きな腫瘤(しゅりゅう)があったという。