[PR]

 日本と東南アジアのメコン川流域5カ国による日メコン首脳会議が9日午前、東京都内の迎賓館であり、協力指針を示す文書「東京戦略2018」を採択した。日本とこの地域の関係を「戦略的パートナーシップ」と位置づけ、域内外の連結強化や人材育成、環境保護を新たな柱にする。

 会議は日本と、カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムの5カ国首脳らで構成し、今回で10回目。安倍晋三首相は会議後の共同記者発表で「メコン地域は成長と繁栄に向けた大きな潜在力を有している。豊かな未来を共に実現するため(文書を)採択した」と強調した。

 文書では、生きた連結性▽人を中心とした社会▽グリーン・メコンの実現――を三つの柱に掲げる。具体策として、質の高いインフラ整備などを進めていく。

 また、海洋進出を強める中国を念頭に、南シナ海での「平和、安定、安全、航行と上空飛行の自由を維持・促進する重要性」についても確認。北朝鮮に対しては、非核化に向けて具体的な行動をとるよう求めた。(鬼原民幸、染田屋竜太)