[PR]

 日本取引所グループ(JPX)傘下の東京証券取引所は9日午前、売買システムの一部で障害が発生したと発表した。証券会社が売買注文を出す4回線のうち1回線が午前7時半ごろから利用できなくなった。大手証券5社が一時売買注文の受け付けを停止するなどの影響が出た。各社は回線の切り替えを進め、注文受け付けなどを順次再開している。障害は午前の取引時間中に続き、午後0時半からの午後の取引開始後も続いている。東証によると復旧のめどは立っていない。

 午後4時半から、システム部門を統括するJPXの横山隆介・最高情報責任者(CIO)と東証の川井洋毅・執行役員が記者会見して問題を説明する。

 東証は朝方の問題発覚後、証券会社に対し正常な回線への切り替えを通知したが、大手証券会社などの売買注文に一時影響が出た。

 SMBC日興証券は一時、オンライン取引の「日興イージートレード」や、店頭取引での現物株式買い注文、信用取引の新規注文の受け付けを停止した。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、現物株式の売買注文の受け付けを一時止めた。野村証券とみずほ証券は、ホームページなどで「一部の株式注文が正常に受け付けされていない」と公表。大和証券では予約注文の一部で訂正・取り消しが一時できなかった。

 ネット証券の松井証券やマネックス証券などでは影響は確認されていない。

 東証でのシステム障害は、20…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら