[PR]

 東芝メモリなど企業の進出が相次ぐ岩手県北上市で、人材難にあえぐ地元の中小企業の求人を支援する事業が始まっている。インターネットで求人情報を発信したり、人材確保のノウハウを提供したりしている。

 同市などと連携し支援活動を展開しているのは、被災地の復興支援などに取り組む一般社団法人RCF(東京都港区)。中小企業庁が今年度初めて実施する「地域中小企業人材確保支援事業」の補助を受けて実施している。人材確保の枠組みを市や商工会議所、地元NPOなどが一体となって確立する準備を進める。

 同市は10カ所約690ヘクタールの工業団地があり、積極的な市の企業誘致で進出企業が約230社にのぼる。地元企業との連携などで工業集積が進んでいるが、地元の中小企業には人事や総務などの採用担当の機能が不足していたり、地元以外に求人を出した経験がなかったりする企業も多いといい、生産年齢人口が減る中で「求人難」に陥っている企業も目立っている。

 支援事業では、市などと連携し…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら