[PR]

 三重県いなべ市は、家庭で使われなくなった「休眠楽器」の寄付によるふるさと納税の受け付けを始めた。業者が楽器を査定し、その額に応じた金額を税控除する。寄付された楽器は、主に楽器不足に悩む学校で活用。返礼品は演奏会への招待などを想定している。

 利用者は、専用サイトから申し込み、送付キットが送られてきたら、査定を担当するリユース業者の「マーケットエンタープライズ」(東京)に楽器を送る。業者は市に査定額を通知し、楽器を納付する。市は利用者に査定額に応じた納税証明書を送り、税金の控除が受けられる仕組みだ。

 日沖靖市長によると、元々「楽器がなくて困っている」という中学生の声を聞き、仕組みを考えた。吹奏楽部では楽器の個人所有が少なくなく、所有する生徒が卒業してしまうと、そのパートがなくなってしまうこともあるという。必要以上の楽器が集まった場合には他の自治体に貸し出すことも検討する。

 日沖市長はふるさと納税の返礼品競争の過熱について苦言を呈した上で、「眠っているものの再利用は、自分も使う人もハッピーになる。将来的には他の自治体と提携して、広げていきたい」と話した。

 専用サイトは「楽器寄附(きふ)ふるさと納税」(https://www.gakki-kifu.jp/別ウインドウで開きます)(深津慶造)