[PR]

 日立製作所笠戸事業所(山口県下松市)のフィリピン人技能実習生20人が実習途中に解雇を通告された問題で、日立が10日にも別のフィリピン人実習生20人を解雇することが同社への取材で分かった。実習生側は雇用契約は3年間で不当解雇だと主張。残り期間の賃金が補償されなければ、日立を相手取り損害賠償を求めて訴訟を起こす方針だ。

 10日にも解雇される20人は昨年8月に入国。日立によると、国の監督機関「外国人技能実習機構」から2年目以降の実習計画の認定を受けられず、10日に技能実習生としての在留期限を迎えるのが解雇の理由だという。日立はこの20人にも月給相当の十数万円の手当を支払う。

 笠戸事業所は、実習生に目的の技能を学べない作業をさせている技能実習適正化法違反の疑いで7月に法務省や実習機構の実地検査を受けた。法務省関係者によると、国や機構は日立で適正な技能実習ができるのか検査中のため、新たな実習計画は認定できないと判断しているという。

 実習生によると、最初の20人も追加解雇の20人も、制御盤や配電盤を作る「電気機器組み立て」を学ぶ技能実習生として来日した。日立から「実習の在留資格がまだ下りないが、希望を持って」と言われた約1週間後の9月20日に突然、最初の20人が同社から解雇通告を受けた。詳しい理由は説明されていないという。

 実習生が加入した個人加盟労働…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら