[PR]

 熊本県南阿蘇村久石の道の駅「あそ望の郷くぎの」で28日に「南阿蘇大復興祭」が開かれる。熊本地震でキャンパスが被災した東海大の学生が中心になって準備を進めており、「村内外の多くの人に来てほしい」と呼びかけている。

 企画しているのは、南阿蘇村を支援する学生グループ「阿蘇復興への道」のメンバーらでつくる実行委員会。復興祭は2016年11月に初開催し、今回で3回目となる。

 午前9時半に開会。ステージでは東海大生がストリートダンスや書道、三線の演奏を披露。東日本大震災被災地での支援を続ける2人組バンド「the LOW-ATUS」、福島市出身のシンガー・ソングライター片平里菜さんのライブもある。会場では、実習を再開した旧阿蘇キャンパスの農場で学生が収穫した里芋やサツマイモ(各100キロ予定)を先着順に配布。抽選会の景品に白菜もプレゼントする予定。実習場で飼う羊の毛を使ったクラフト体験などもある。

 「阿蘇復興への道」代表の農学…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら