[PR]

 障害がある子もない子も一緒に楽しもうという「いろんな子どもと家族のお祭り」が28日、横須賀市で開かれる。子どもに障害があったり、ひとり親で複数の子どもを抱えていたり――。誰もが自分らしく、支え合って楽しむ場を目指すお祭りは、今年で4回目を迎える。

 筑波大付属久里浜特別支援学校(同市野比5丁目)と、近くの野比海岸が会場だ。射的やボールすくいなどの縁日を用意し、浜辺での遊びもある。

 「みんなが砂の山を作っているときに、(障害児は)遠巻きに見ているだけかもしれないし、ちょっとシャベルを触るだけかもしれない。それもその子にとっては大きな経験」。主催するNPO法人「ファミリア」の高橋嘉誉(かよ)さん(48)はそう話す。

 高橋さんの長女(14)は重度…

この記事は有料会員記事です。残り618文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り618文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り618文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!
関連ニュース