群馬)赤ちゃん100人の「寝相アート」、参加者募集

有料記事

加藤修
[PR]

 寝ている赤ちゃんの周囲をシーツなどで飾り、物語を感じさせる写真に仕立てる「寝相アート」の巨大版を作ろうと、前橋市は1歳未満の赤ちゃんと保護者100組を募集する。寝相アートに取り組んできた宮沢亮子さん(36)=伊勢崎市=が実行委員会の代表を務め、11月18日に撮影する。

 前橋での子育てを応援し、保護者が交流する場を増やすことが目的。5月から10月にかけ、宮沢さんは公民館など市内33カ所で「寝相アート」撮影会を開いている。宮沢さんは「ふだんは1人の赤ちゃんの写真なので、ママたちと連係プレーでいい作品に仕上げたい」と話す。

 会場は、けやきウォーク前橋(前橋市文京町2丁目)で、吹き抜けの1階にいる100人の赤ちゃんの寝姿を上方から撮影する。

 15日から寝相アートホーム…

この記事は有料記事です。残り73文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!