[PR]

 富山市の交番で警察官が刺殺されて拳銃を奪われ、近くの小学校で警備員が撃たれて死亡した事件で、富山県警は10日、同県立山町の元自衛官・島津慧大(けいた)容疑者(22)を警察官に対する強盗殺人などの容疑で再逮捕し、発表した。容疑を認めているという。県警は動機などを詳しく調べる方針。

 県警によると、島津容疑者は6月26日午後2時過ぎ、富山市の富山中央署奥田交番で、交番所長だった稲泉健一警部補(当時46)=殉職により警視=を刃物で襲って殺害し、拳銃を奪った疑いがある。その後、午後2時25分ごろに交番から約100メートル離れた市立奥田小学校の正門付近で、警備員の中村信一さん(当時68)の頭部を奪った拳銃で撃ち、殺害したとみている。

 また交番を襲う前、アルバイト先の飲食店で、勤務態度を注意された40代の男性店長の顔や腹を殴り、肋骨(ろっこつ)骨折などのけがを負わせた傷害の疑いももたれている。

 島津容疑者は事件当日、中村さんに対する殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。しかし、逮捕時に駆けつけた警察官に拳銃で腹部を撃たれて一時重体となったため、いったん釈放されて富山市内の病院に入院。歩行は困難なものの容体が安定し10日に退院しており、県警が再逮捕した。