[PR]

 家を背負って「引っ越し」を繰り返したり。自分の名前を標識にして無名の通りに置いてみたり。汚れた本を洗濯機にかけてみたり。これらは「家」をテーマに、日中韓の現代美術作家が参加している展覧会の作品だ。「家とは何か」という問いを、様々に提示しているが、作家たちはなぜそんなアプローチを選んだのか?

 展覧会は金沢市内で開催中の「…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら