[PR]

 岡山理科大(岡山市北区理大町)は10日に会見を開き、モンゴルのゴビ砂漠で幅115センチの鳥脚類恐竜の足跡化石を発掘した、と発表した。草食で二足歩行の「サウロロフス」のものとみられ、鳥脚類の足跡化石では世界最大級だという。

 同大とモンゴル科学アカデミー古生物学地質学研究所の共同調査隊が、今年7~9月の発掘調査で発見した。足跡化石は、幅約85~115センチのものが複数見つかった。推定全長17~18メートルで、肉食恐竜「ティラノサウルス」よりも大きな個体であると考えられるという。

 このほか、調査隊は竜脚類恐竜の骨格化石の一部を発掘した。腰、胴椎(どうつい)、左右の後ろ脚など全身の3~4割で、大腿(だいたい)骨は長さ155センチ。今までモンゴルで見つかった竜脚類の骨格化石では最大級で、推定で全長20メートル、体重20トンだという。

 日本側リーダーを務める同大生…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら