[PR]

下町の酒店次期社長:波々伯部(ほほかべ)広章さん(28)

 京セラドーム大阪(大阪市西区)近くにある下町の酒屋「マルホ酒店」を営む波々伯部商店の次期社長。店のこだわりはクラフトビールだ。約1600種類を扱う。

 初めてクラフトを飲んだのは大学3年の頃だ。「うまい。絶対に売れる」と経営の柱にすると決めた。卒業後、数年前に他界していた父の後を継ぐため入社し、すぐに取締役になった。

 国内大手メーカーの商品で埋まっていた棚は、徐々にクラフトに入れ替えていった。3千種類以上を飲み比べ、様々な料理にあう品種を提案する日本地ビール協会の認定資格も取った。だが、客足は増えない。賞味期限の切れた商品を閉店後に飲んでは「なんで売れへんのやろ」と独りごちた。

 その年の暮れ。試しにネット通…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース