佐々淳行さん(さっさ・あつゆき=初代内閣安全保障室長、危機管理専門家、作家)が10日、老衰で死去、87歳。通夜は15日午後6時、葬儀は16日午前11時30分から東京都港区南青山2の26の38の梅窓院観音堂で。喪主は妻幸子さん。

 54年、警察庁に入庁し、86年から内閣官房・内閣安全保障室長を務め、89年に退官した。その後、危機管理の評論活動などで活躍した。