[PR]

 「人力うどん」という一風変わったネーミング。佐賀県鳥栖市の福山製麺所が製造する半生麺のブランド名だ。同社が県内外に展開する直営うどん店の店名でもある。

 福山博志社長(70)の祖父・福太郎が1905(明治38)年、「人力屋」の屋号で製麺業を始めたころ、当地ではまだ専門の製粉業者はおらず、地元産の小麦を粉にするところから麺を打つまでの一貫生産だったという。「まさしく人力による麺づくりから始めたわけです」。そんな伝統を受け継ぎたいという思いが込められている。

 先代社長だった父が急逝し、福山さんが大学を中退して家業を継いだのは71年のことだ。その前後から、製麺業を取り巻く環境は激変した。

 かつては近場の大衆食堂や八百…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら