[PR]

 山梨県大月市の小中学生がお気に入りの場所や行事、ものなどを写真で紹介する「私の好きな所フォト展」が市民会館の市民ギャラリーで開かれている。14日午後4時まで。

 地域を見つめ、愛着を感じてもらおうと2012年に始まった。7回目の今年は、市内の全小学校5校と中学校2校から、これまでで最も多い391人(グループ含む)から361点の応募があった。

 鳥沢小6年の羽田月愛さんが撮ったJR中央線の鳥沢―猿橋間にかかる「新桂川橋梁(きょうりょう)」は鉄道ファンに知られた場所。大月東中1年の小宮あかりさんは、小さな集落の夏の行事「沢井地区の流しそうめん」の楽しい様子を撮影した。通学路で見かけた二十数種の花を紹介したり、雨上がりの散歩道で里芋の葉の水滴を撮ったりと、身近な自然に目を向けた作品も数多く並んでいる。(小渕明洋)