拡大する写真・図版 一枚岩の表面を水が薄く流れるナメ滝を登っていくと、正面に五郎七郎滝が見えてきた

[PR]

標高750~900m しんどさ★☆☆☆(岐阜県高山市)

 初めての沢登りは、さながら大人の水遊びだった。70代3人、60代2人。いい大人が水につかって「楽しい」「気持ちいい」を連発。渓流を横に渡るのではなく、流れをさかのぼる魅力を初体験した。

 沢上谷(そうれだに)は沢登り入門の谷として知られる。神通川水系の高原川の支流に当たる。岐阜県高山市の丹生川ダムの北4キロ付近。コースには三つの滝がある。

 先導役は日本山岳会東海支部の鈴木慎吾山行委員長(72)。登山教室の生徒4人が参加した。私を含む3人は初の沢登りで、靴底がフェルトの靴や水圧軽減スパッツを買って臨んだ。

 普段の登山なら、渓流の岩の上…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら