[PR]

 恵那市岩村町には、岩村藩が生んだ江戸後期の儒学者佐藤一斎(1772~1859)のさまざまな格言札が家々の玄関脇にかかる。その中には幕末・維新の指導者西郷隆盛(1827~1877)が指針としたものも多い。11日、地元の岩邑(いわむら)小学校の児童らが、「西郷どん」が座右に置いた格言の札探しを楽しんだ。

 「人心の霊なるは氣(き)を主とす」「身の我を以(もっ)て心の我を害するは人欲なり」……。

 縦割りで10班に分かれた子どもたちは、西郷が愛した格言札を見つけては、タブレットで撮影し、ノートに書き写した。

 「昔の言い回しは難しい。でも…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら