[PR]

 米国の株価急落が世界の市場を揺らしている。史上最高値圏でバブル的な水準とされた米国株は、金利上昇による景気悪化懸念で急落。各国の株価も下落し、日経平均株価は一時1000円超も値下がりした。米国の景気拡大に引っ張られて成長と株高を享受した世界経済だが、「宴の終わり」への警戒感が広がる。

焦るトランプ政権

 10日の米国での株価急落を招いたのは、皮肉なことに景気の力強さを受けた長期金利の上昇だった。

 米国では景気拡大が続くなか、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら