写真・図版

[PR]

 視力が落ちたり、目の病気で視野が狭くなったりするなど、見え方に何らかの支障がある状態を「ロービジョン」と言います。そのようになったとしても、生活の質を落とさないようにするための道具が登場しています。

 残された視機能を最大限に活用して、自立した生活を送れるようにする「ロービジョンケア」の考え方が広がっている。「ロービジョン外来」のある眼科などでは、歩行訓練など福祉サービスのほか、適切な視覚補助具の紹介を受けることもできる。

 拡大読書器は、台の上に置いた本や新聞などの文字をカメラで読み取り、自由に倍率を調整して画面に表示できる。手で握るルーペに比べて疲れにくく、文字や背景の色を見やすく変えることも可能だ。目の症状によっては光をまぶしく感じるようになるが、特殊なカラーレンズを使った遮光眼鏡を使えば、まぶしさを軽減することもできる。

 ちょっとしたアイデアで生活を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら