[PR]

 中国人の日本に対する印象が大きく改善していることが、NPO法人「言論NPO」などの調査で明らかになった。11日に結果を発表した工藤泰志代表は「訪日観光客の増加が対日印象の改善につながっている」と分析した。

 調査は8~9月、18歳以上の市民を対象に日本は全国各地で、中国は北京、上海、武漢、成都などの10都市で実施し、計2548人から有効回答があった。

 2013年、尖閣諸島を巡る対立などの影響で、日本の印象について「良い」「どちらかといえば良い」と答えた中国人は5・2%まで落ち込んだ。翌年から徐々に改善し、今年は好印象を持つ人が42・2%(前年31・5%)まで増え、調査を始めた05年以降で最も高かった。

 日本に渡航経験があると答えた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら