[PR]

 福岡市教育委員会は11日、授業中に女子児童のスカートの中を繰り返し盗撮したとして、市立小学校(福岡市中央区)の矢野繁治教諭(44)を同日付で懲戒免職にし、発表した。市教委の聞き取りに「昨年2学期から盗撮していた。人数は覚えていない」と話しているという。

 市教委によると、矢野教諭は9月27日と10月1日の授業中、5年生の女子児童数人のスカートの中を、手に持った小型のデジタルカメラを使い動画で撮った。児童が発言などで立ち上がった時に指導を装って脇にしゃがみこみ、撮影するなどしていたという。

 1日の授業後、矢野教諭の不審な動きを知った女子児童2人が別の教諭に「撮られたかもしれない」と申し出た。校長の聞き取りに矢野教諭は当初、否定していたが、7日に「自分で見るために撮っていた」と認めた。動画を保存していた記録装置は、2日に壊して捨てたと説明しているという。

 市教委は校長(51)を減給10分の1(1カ月)、教頭2人をそれぞれ「文書訓戒」「口頭訓戒」、前教頭1人を「口頭訓戒」とした。