[PR]

 日本サッカー協会は11日、2019年度に開催する第99回天皇杯全日本選手権の決勝を、20年1月1日に新国立競技場で行うと発表した。19年11月末に完成予定の新国立では初のスポーツ大会となる。新国立の整備主体の日本スポーツ振興センターによると、完成後にスポーツ大会とは別の落成イベントを行う方向。

 新国立は20年東京五輪・パラリンピックの主会場になる。政府は昨年、20年大会後についてサッカーなど球技専用競技場とする方針を示している。

 天皇杯の国立競技場での決勝は6大会ぶり。1967年度から決勝の舞台となっていたが、建て替え工事のために14年度から別会場で開催されてきた。